RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
11月2日
ついに撮影がクランクアップしました!
関係者のみなさんお疲れ様でした。


古波津監督

そしてクランクアップの夜、打ち上げが行われました。
参加者全員で寄せ書きをし、監督はイマジネーションと書いていました。

参加した学生たちは映画制作を通して有意義な経験ができたことを語り、
監督からは映画の脚本を書くときの裏話やスタッフ全員へ
感謝の気持ちを伝えていました。

大勢の方々に支えられた映画製作、みなさん本当にありがとうございした。

                     メディア情報  鳥 研

author:愛知工業大学『築城せよ!』製作委員会 Web部, category:-, 10:05
comments(45), trackbacks(0), pookmark
11月1日(土)
撮影部隊は、名古屋城でニュースのシーンと
愛工大でCG合成用の素材の撮影が行われました。
クランクアップまであとわずかです。
古波津監督、頑張ってください!

猿投温泉での撮影が終わり、現場では城の解体が進んでいます。
美術部のみなさんは早朝から解体作業を行っています。
今日一日でダンボール城はほぼ片付けられました。

古波津監督をはじめ、演出部のみなさん。
演出部

磯見美術監督率いるトランスフォーマーの精鋭です。
美術部

こちらは照明部のみなさん。今回は黒沢組が参加しています。
照明部

出演者全員のコーディネートをした、衣装部とヘアメイク部のみなさん。
衣装・ヘアメイク

                     メディア情報  鳥 研

author:愛知工業大学『築城せよ!』製作委員会 Web部, category:-, 23:02
comments(0), trackbacks(1), pookmark
10月31日
いよいよ、クライマックスの城崩しの撮影が始まります。
美術部は、撮影ぎりぎりまで足場の最上部で丸太を抜いていきます。
ワイヤーを通す滑車を固定するために、
スタッフ全員がかけ声と共に土嚢を積みあげました。

土嚢積み

城の横に建つ鉄塔には、カメラマンさんたちが機材を抱えて
少し揺れる塔を何度も止まりながら、慎重に上っていくのですが
その様子を下から見ているだけで震えがきます。

塔2 鉄塔1

ユンボにエンジンがかかりワイヤーを引っぱりはじめます。
スタッフ全員が見つめる中、美しい猿投城が轟音と共に崩れていきました。
監督の「カット」の声の瞬間、全員の拍手と歓声が
猿投の山に響きわたり、城崩しの撮影は無事に終了しました。


                     メディア情報  鳥 研

author:愛知工業大学『築城せよ!』製作委員会 Web部, category:-, 20:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
10月30日
徹夜での撮影、みなさんお疲れさまでした。
猿投城のセットでは最後の撮影のための準備が進められています。

土嚢

城の天井と壁にワイヤーを固定して垂らし
地面にある滑車を通してユンボにつなげ、
ユンボで引っ張り、天守閣と二段目を内側に “くしゃり” と崩します。
美術さんたちは丸太を解体して、どんどん下に落としています。

一発勝負なので、ユンボが走るコースの確認が何度も行われ
そのために地面も平にならされています。

高さ30mの鉄の足場が組まれ、そこから城が崩れる様子を撮影します。

ユンボ

古波津監督は城の崩れるのをとても寂しいと言っていました。


                     メディア情報  鳥 研

author:愛知工業大学『築城せよ!』製作委員会 Web部, category:-, 14:22
comments(0), trackbacks(0), pookmark
10月29日(水)
昨夜の撮影は27日と同じく夜から朝までのオールナイトです。
段ボールの盾で猿投城を守り抜こうとした町民と、
城を攻め落とそうと鬼気迫る甲冑部隊との
激しい戦いのシーンが撮影されました。

役者さんやエキストラの皆さんは夜中じゅう、
一生懸命声を張り上げたり、猿投玉を投げ合ったりと、
息も白くなる寒い中でも気合で乗り切りました。
きっとこの攻防戦は、映画史上に残るシーンになるのではないでしょうか。

伊藤くんとはなちゃん

この日は、江守徹さん、津村鷹志さん、阿藤快さん、ふせえりさん、
木津誠之さんなど、役者さんたちが次々とクランクアップしていきました。
役者の皆さん、本当にお疲れ様でした。

やまだん

エキストラで参加した愛工大の美女職員軍団です。

                     メディア情報  鳥 研

author:愛知工業大学『築城せよ!』製作委員会 Web部, category:-, 12:53
comments(1), trackbacks(0), pookmark
10月28日(火)
昨夜からの撮影が終わったのが朝10時過ぎ
朝日を浴びて光り輝く猿投城は美しく
その勇壮な姿は、誰の心にも一生残ることでしょう。

そしてこの日… 。一人の女優が輝きながら旅立ちます。
主演女優の海老瀬はなちゃんがクランクアップしました。

はなちゃん

「監督を始め、キャスト、スタッフ、エキストラ、
愛工大の皆さんが支えてくださったおかげでここまでやって来れました。  
こんなにも素敵な方たちに出会えて、
この仕事をしていることが本当に幸せだなと思いました。
皆さん本当にありがとうございました。」
と、涙ぐみながらあいさつをしたはなちゃん。

はなちゃん2

海老瀬はなちゃん。
本当にお疲れ様でした!!
                     メディア情報  鳥 研

author:愛知工業大学『築城せよ!』製作委員会 Web部, category:-, 17:07
comments(1), trackbacks(0), pookmark
10月27日(月)
今日の撮影は、夜から明日の朝までオールナイトです。
夕方の16時頃から照明部が準備を始め、
日が落ちる頃にはお城が 美しくライトアップされました。

黄金色に輝く猿投城は、まるで金閣寺のようです。
みなさんにお見せできないのが本当に残念です。

深夜

今、猿投は本当に寒いです。息が白くなってしまいます。
これから現場に行く方は、厳重な寒さ対策をしていくべきです。
めちゃくちゃ寒いけれど、現場はみんなの熱気で盛り上がっています。

深夜2

今から日の出まで、ノンストップで撮影は続きます。
スタッフの皆さん、キャストの皆さんラストスパートです!

                    メディア情報  鳥 研

author:愛知工業大学『築城せよ!』製作委員会 Web部, category:-, 00:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
10月26日(日)
映画の撮影もクランクアップまであとわずかとなりました。

愛知万博瀬戸会場の跡地での撮影では
天守閣の上での掛け合いのシーンです。

実物大の天守閣の屋根のセットの背景には
何枚ものブルーシートが張られ、命綱を付けての撮影です。
この光景が映画ではどんな映像になるのでしょうか。

ブルーバック

ドライヤーを握るのは金林さんとあゆさん。
NGが出るたびに、大きなしゃちほこを元通りに乾かしています。
古波津監督の納得のいくまで、撮り直しは続きます。

しゃちほこ

撮影現場

撮影もあとわずか。片岡さん阿藤さん、がんばってください!!
                     メディア情報  鳥 研

author:愛知工業大学『築城せよ!』製作委員会 Web部, category:-, 20:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
10月25日(土)
ついに「猿投城」の天守閣までが完成しました!
石垣が5m30cm、城の高さ18m。
巨大な城の全貌をお見せしたいのですが
宣伝部から報道管制がしかれていますので...。
もうしばらくお待ちください。(ゴメンナサイ)

待ち遠しいみなさまには、映画のオープニングで使われた
名電高校の生徒さんたちが作った模型をご紹介します。
右は城の内部の様子です。1800本の丸太が組まれています。(圧巻!) 

お城 模型

お城の建設に使われている段ボールは「レンゴー」からの提供です。
「レンゴー」さんには心から感謝です。
猿投玉のデザインがプリントされた段ボールが4千個。
近所のスーパーやホームセンターから集めた段ボールが7千個。
合計1万3千個の段ボールが使われました。

ダンボール 画面

大きさだけでなく、磯見美術の集大成がここに結実しました。
撮影もあとわずか。みなさんがんばってください!!
                    メディア情報  鳥 研

author:愛知工業大学『築城せよ!』製作委員会 Web部, category:-, 21:50
comments(1), trackbacks(0), pookmark
10月24日(金)
今日はメイキング部の紹介です。
毎日の仕事はWebサイトの更新と「築城せよ!」のメイキング撮影です。
前日の夜配られる香盤表に書かれたスケジュールをもとに撮影場所と時間を決め、
授業に支障のないよう交代で撮影に出かけます。

撮影から鳥居研究室に戻ってからも仕事が待っています。
撮った映像のキャプションというエクセルを使った文字起こしです。
(お腹空いたよ〜岡エモン)

花組のディレクター勝俣さんとカメラマンの石田さんに同行しながら
撮影の技法からインタビューの仕方、心構えまでしっかり学んでいます。

カメラマンさんは、天候や状況を前日に確認し、何をどう撮るのかを
前の晩に頭の中でシミュレーションしてから撮影に向かうそうです。
プロとアマの違いをしっかりと教えられました。

メイキング部がずっと撮り続けている、お城の定点撮影があります。
お城の足場の上で、カメラマンさんがインタビューした映像もあります。
これらのすごいメイキング映像は名古屋テレビで放映されます。
みなさん楽しみにしていてくださいね。

明日は朝4時に起きて、始発電車に乗って八草に向かうぞ〜。
                    メディア情報  鳥 研

メイキング石田さん
author:愛知工業大学『築城せよ!』製作委員会 Web部, category:-, 21:01
comments(1), trackbacks(0), pookmark